© 2019 by Tepia Investment.,Co.Ltd  All rights reserved.

企業の資金調達、資本提携コンサルティング、および当社からの出資を行っています。外部資本の活用は、経営戦略の一つとして近年存在感を増しています。


例えば、規模の拡大によるコストメリットの獲得、事業開発時間の短縮、顧客基盤の獲得、技術・ノウハウの獲得、優秀な人材の確保、設備投資資金の獲得、事業承継など、資本受け入れを選択する企業の目的は多岐に渡ります。


​当社は、アジア各国と日本の架け橋となるべく、資本提携に着目したコンサルティング、および当社自身が貴社のパートナーとなる投資業務を行っています。

当社グループのこれまでの知見、経験を活かし、自己投資および投資組合の組成・運用を行っています。

 

投資のステージとしては、シードおよびアーリーステージのベンチャー企業に対して、中国、タイ、ベトナム、シンガポール等日本を含めたアジア全体での企業価値の向上を目指すことを目的に投資を行います。

 

​また弊社グループの強みである環境・エネルギー分野に特化した不動産投資も行っており、幅広い事業分野への出資を検討しています。

※当社出資イメージ

Investment/Investment management

​投資/投資運用

 

出資の流れ

➊ 出資希望内容についての相談を頂き、当社の出資範囲であるかを検討いたします。

➋ 秘密保持契約の締結後、貴社の基本情報の開示いただきます。

➌ 意向表明書または基本合意書(双方が意思の確認と大まかな方向性と条件の合意)の締結後、

  買収監査に進みます。

➍ 買収監査の結果により、状況の変化等があった場合に、適正な条件・価額を再び詰め直す作業を行います。

➎ 最終交渉後、それらを全て最終契約書に反映した上で、投資契約の締結を行います。

➏ 投資契約に基づき、決済を行います。

​➐ 状況により、企業価値向上のためのご支援、助言をさせていただきます。

​M&A/Fundrising Advisory
M&A/資本調達アドバイザリー

販路拡大、海外進出、新規事業参入、または後継者難による事業承継といった多種多様な課題に対する戦略構築、問題解決策としてM&Aおよび外部資本調達は非常に有効な手段であると考えています。

当社は、大手経営コンサルティング会社出身のスタッフ、大手証券会社にてM&Aおよび資本調達業務に従事してきたスタッフなどのプロフェッショナルを揃え、様々な業界・規模のクライアント企業様に最適なM&Aアドバイザリーサービスを提供します。

また当社グループではアジア広域に海外事務所、海外提携先を有しており、国内はもちろん、中国、東南アジア、南アジアなどに強力なネットワークを築き、アジア企業とのクロスボーダーM&Aに強みを持っています。

※当社コンサルティングイメージ

 

ご支援の流れ

➊ 譲渡/譲受希望内容についての相談を頂き、希望内容に応じたパートナー候補企業の選定・

  紹介をさせて頂きます。

➋ 秘密保持契約の締結後、候補企業の基本情報の開示をさせて頂きます。なお、M&Aを円滑に進めて頂く為、

  譲渡希望企業様には、基礎的な企業資料の提出を行って頂きます。

➌ アドバイザリー業務委託締結後、候補企業との面談、条件交渉に進んで頂きます。双方が直接顔を合わせ、

  相手方の意向を確認した後、諸条件の交渉を進めて行きます。

➍ 基本合意書(双方が意思の確認と大まかな方向性と条件の合意)の締結後、買収監査に進んで頂きます。

➎ 買収監査の結果により、状況の変化等があった場合に、基本合意の内容を再度見直し、適正な条件・

  価額を再び詰め直す作業を行います。

➏ 最終交渉後、それらを全て最終契約書に反映した上で、契約の締結を行います。

➐ 企業提携に伴う最終契約に基づき、決済を行います。同時に弊社と合意した内容に基づき、

  成功報酬のお支払を頂きます。